宣教事工



  2018年10月佈道會「生之追尋」 講師:黃 小石 長老 地點:東京國際基督教會 時間: ①10月5日(週五) 19:00~ 21:00 ②10月6日(週六) 14:00~ 16:00 黄長老祖籍温州,在抗戰期間生於重慶,戰後隨父母定居台灣。大學時期開始思考信仰問題。 自台大物理系畢業後赴美進修,於1964年在美國受洗成為基督徒。次年在校園中成立康乃爾大學中文査經班。 1969年獲得康乃爾大學物理學博士學位,其後擔任若歌大學(Rutgers University, NJ)物理系助理教授(1969-73)、 並擔任若歌大學査經班主席。此後黄長老曾先後就任匹茲堡大學訪問學者(1973-76)、 艾克桑石油公司(Exxon Research Company)液態物理企劃主管(1976-1998)、普林斯頓大學資深研究員(指導博士論文1998-2009)及普林斯頓神學院訪問學者(2009-2012)。 曽獲德國普朗克研究奨(Max PIanck Research Prize, 1990)、並獲選為美國物理學會會士(Fellow)。 黄長老目前在新澤西州的若歌教會事奉,現任教會長執會主席,是若歌教會創始會員之ー。與妻呉期馨育有子女三人,都已成家立業,共有孫兒女八人。   2018年10月伝道集会「いのちを追い求めて」 講師:黃 小石 長老 会場:東京国際基督教会 時間: ①10月5日(金) 19:00~ 21:00 ②10月6日(土) 14:00~ 16:00 黄長老の本籍は温州、中日戦争中重慶で生まれ、終戦後父母と共に台湾に定住した。大学時代に信仰について考えるようになった。 台湾大学物理学部卒業後、アメリカに留学し、1964年アメリカで受洗しクリスチャンとなる。 翌年、キャンパス内でカーネル大学中国語聖書研究会を設立。1969年カーネル大学物理学博士学位を取得した。 その後ラトガース大学(Rutgers University, NJ)物理学部准教授に就任する(1969-73)。また、ラトガース大学聖書研究会の主席を努める。 その後ピッツバーグ大学訪問学者(1973-76)、エクソンモービル会社(Exxon Research Company)の液体物理部門企画マネージャー(1976-98)、 […]

2018年10月佈道會「生之追尋」/伝道集会「いのちを追い求めて」


2018年佈道會視頻記錄 講師:劉 志雄 長老 地點:東京国際基督教会 渇 感謝主的恩典, 8月12日佈道會有大人275位, 孩童43位出席, 35人決志信主, 求主保守新決志者的跟進工作。 感謝劉志雄長老的辛労。   上面視頻無法觀看的請點擊這裡

2018年8月佈道會錄影/伝道集会動画





2017年佈道會視頻記錄 講師:謝 榮爵 牧師 地點:東京国際基督教会 1-耶穌是人生的希望/イエスは人生の希望 若視頻無法正常顯示請點擊此處/動画が表示されない場合はここをクリックしてください。 2-耶穌帶來生命轉機/イエスは命の転機をもたらす 若視頻無法正常顯示請點擊此處/動画が表示されない場合はここをクリックしてください。

2017年9月佈道會錄影/伝道集会動画



2017年佈道會「耶穌是人生的希望」 講師:謝 榮爵 牧師 地點:東京國際基督教會 時間: ①9月15日(週五) PM 7:00~9:00    題目:耶穌是人生的希望 ②9月16日(週六) PM 2:30~5:30    題目:耶穌帶來生命轉機   2017年伝道集会「イエスは人生の希望」 講師:謝 榮爵 牧師 会場:東京国際基督教会 時間: ①9月15日(金) PM 7:00~9:00   テーマ:イエスは人生の希望 ②9月16日(土) PM 2:30~5:30    テーマ:イエスは命の転機をもたらす

2017年佈道會「耶穌是人生的希望」/伝道集会「イエスは人生の希望」


支援宣教團體一覽 國外宣教團體 世界華人福音事工聯絡中心 http://www.cccowe.org/ 1974年,聖靈感動70餘位華人教會領袖於「洛桑世界福音會議」領受「華人教會,天下一心;廣傳福音,直到主臨」的異象,發起「世界華人福音運動」(華福運動)。二十一世紀,「華福運動」的異象依然鮮明不變。世界華人福音事工聯絡中心(華福中心)繼續以「僕人、橋梁和先知」的角色,用各樣的方法推動華人教會與信徒參與宣教,同心合意迎向現今的挑戰──向超過28億,約佔全球人口40%的福音未及之民傳福音。配合日本地區各個華人教會的需要,幫助教會之間彼此聯結,每2個月一次聯合禱告會彼此堅定鼓勵。2017年首次特別邀請總動員傳道一起共同展開對於日本人的福音事工。有關代禱事項如下︰ 1. 明年1月19-22日的「國際青年使命門徒培訓營會」,籌備工作積極進行中。請記念營會引導參加者在跨文化宣教差傳的傳承、及培育新一代門徒有使命並在生命受塑造 2. 鼓勵各區委員會推動九屆大會事工落實。 3. 華福聯絡事工需要仰望天父適切及時需要供應。   中華福音神學院 http://wp.ces.org.tw/ 一九七〇年代因應大專校園學生工作的蓬勃新興,以及台灣本地福音廣傳的良好契機,華神在眾教會的託付之下創校,成為世界第一所只收大專畢業生的華人超宗派神學院,以培育學識、靈命與事奉緊密連結並平衡融合的神國工人為主要異象。而在邁入第二個千禧年之際,學院又延伸出兩個異象與使命:以聖經立場回應華人社會與教會所關注之時代公共議題;積極與教會、校友並同學之間建立夥伴關係,共同承擔福音使命。   國際關懷協會 http://usacmi.org/blog/ 國際關懷協會(Care Ministries International,簡稱CMI)於2002年在美國及台灣同時成立,是一個由華人基督徒發起,以參與跨文化宣教為導向的跨宗派華語差會。 宣教異象:福音進中華、福音出中華。 宣教策略: 根據工場的需要,差派長期宣教士以及專業、帶職、短期、特約的宣教士從事慈惠、醫療、教育、佈道、培訓等事工,見證並傳揚福音以帶出基督門徒的群體。 宣教事工: 1.宣教動員:在各地動員、裝備並徵召門徒參與完成大使命。 2.宣教祈禱:以「宣教毋忘祈禱、祈禱毋忘宣教」及「祈禱是宣教的根,宣教是祈禱的果」的精神,呼籲宣教祈禱伙伴,在各地相繼成立宣教祈禱團契月會,並在美西、美東南、台灣等地舉辦年度的宣教祈禱特會。 3.宣教關顧:成立宣教關顧團契,推動全程(由徵召到退休)的關顧觀念及作法。 4.宣教教育:透過與神學院的合作,在宣教工場進行為期六至八週的暑期跨文化宣教實習與訓練課程,訓練課程強調的是在宣教工場上之跨文化實習與訓練 5.醫療宣教:透過醫謢人員的專業,每年進入柬埔寨,藉由身體得醫治進到心靈得醫治的服事。   臺灣校園福音團契 https://www.cef.tw/ 臺灣校園福音團契是一个面向学生群体的福音机构。使命宣言是「結合各地關心學生事工之基督徒,以同心的團隊委身學生福音事工,與眾教會及機構互為夥伴;向學生傳揚耶穌基督福音、培育神國人才、推動學生宣道。   国内伝道を支援している団体   国際ギデオン協会 http://www.gideons-jp.org/ 国際ギデオン協会とは、世界200の国々においてクリスチャン・ビジネスマンおよび専門職業人により組織され、相互の交流と神への奉仕のために働く団体です。 ギデオン協会の目的は、人類最高の文化遺産の一つである聖書が、古今東西の人々の精神生活を支えてきた事実に鑑(かんが)み、この貴重な書物の配布・贈呈を通じて、明るい社会の建設に寄与しようとするものです。数多くのキリスト教派の教会に連なる会員の働きにより、国際ギデオン協会は1899年の創立以来、全世界で20億冊を越える聖書を、ホテル・病院・刑務所などに配布し、また自衛官・警察官・学生・生徒・医療に携わる方々に、贈呈してきました。 私たちは、神の言葉である聖書を一人でも多くの方に贈呈し、必ずやその聖書が、毎日読んで頂けることを、心より望んでいます。   総動員伝道 http://www.gospeljapan.com/sodoin/intro.htm 総動員伝道とは南米コスタリカの伝道者ストラッカン博士が始められた「深みの伝道」に端を発する働きです。1968年「深みの伝道研究委員会」を組織して、研究を重ねた結果、伝道の聖書的 原則は地域や指導者のいかんにかかわらず有効なものであることを認め、この原則を誰でもどこでも活用できる教材にまとめました。 日本では1970年、四国総動員伝道を組織し、それを実施しました。以来、日本の各地で実施され、多くの成果を上げてきま した。 総動員伝道を実施した地域では教会相互の交わりが深められ、地域に伝道協力会が生まれてきています。   太平洋放送協會 https://www.pba-net.com/ […]

教會支援宣教團體一覽/伝道を支援している団体